どこかで

どこかでだれかに そのひとり

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

観てきました!

www.disney.co.jp

 

ジャック・スパロウかっこいい~~~~
ジャックがどうやって船長になったのかとか、あのやたらめったらつけている装飾品はなんなのかとかがわかりました!

 

そして、最強に笑えました~。お決まりのパターンというか。

でも、ジャックも年齢を重ねて成長したのかなと思えるような部分もあって
完結してよかった!

映像も、きれいでした。最後のポセイドンの槍をめぐる海の部分はすごく好きなシーンです。

ネタばれしたくないので、はっきりは書かないですが
世間は狭いっと思いました。

これ海の話だよね、でも、海って広いはずなのに、世間っていうのは狭いんだね!そうなんだね!

みたいな感じに思えました。

また、レンタルとか配信がはじまったら観たいです!!!!

堤幸彦監督

今日は、SPECの零を見ました。っても、2時間ものはいつも何日にもまたがってちょっとずつ見るタイプです。

やっとラストまでたどり着いた!

この作品を見ていて、すごく思ったのが
21世紀少年っぽいこと、それから、TRICKっぽいコメディ感。

でも、21世紀少年は見たことがなかったんですけど、なんていうか宗教的な思想とシュールな感覚が同じように感じたんです。

それはそうみたいですね、よくよく調べてみたら監督が同じ!堤幸彦監督でした。

おもわずなるほど~こういう世界観なのか~と思っちゃいました。

 

ドラマもたくさん見たことありました。
ぼくらの勇気 未満都市』とかもそうだったんだ~いま、また話題になっているみたいですが。

サイコメトラーEIJIとかも今回のスペックに近いというか~放送当時、学生で見てた見てた~っていう。

観てはいないけど、神の舌を持つ男とか視覚探偵 日暮旅人も、なんていうか
非現実を日常にありえるかもしれない現実味と、ちょっとした人間の感覚に注目したり、偏見や社会の問題提起がうまいこと混ぜられてて、親しみやすくて

世の中には、本当にすごい人がいるんだな~と
こんなに楽しいものを作ってくれて、それを享受できるってラッキーです。

これからも、作品を追いかけていたいと思いました。

広告を非表示にする

SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~

2010年のようですが、今更見ています。
昨夜やっと、全10話観きりました!!そのおかげで、ここのところ寝不足・・・

コメディタッチで進んでいくので、BOSSのような軽い内容なのかと思いきや、結構重たい内容だし、完全非現実なんだと
ちょっとびっくりしました。

話が進んでいくにつれて、韓国ドラマの「君を覚えてる」と錯覚するかのような展開でした。
どんどん人が死んでゆく~~~~
身近な人がどんどん変わってゆく~~~~~~

誰が敵で味方なのかわからなくなる~~~~~~~

 

突然、熱い想いを抱き始める人たちがいたりと

なんかね。

 

これから、翔や、続編の映画などを見ていきたいと思ってます。
このドラマ、なんでもっと早く見てなかったんだろう!!と思うほど、素晴らしい世界観の作品です!

刑事ものっていうのは、あんまり興味がなかったのですが
人間ドラマや人生を総括する生き様などの表現手段としては、刑事ドラマっていうのは表現しやすいのだなと思いました。

 

突然、話を戻しますが、戸田恵梨香さんめちゃくちゃかわいいです。
加瀬亮さんとのコンビも最高です。
というか、主役の当麻と瀬文の掛け合いもさることながら、それぞれのキャラクターがたまらなく笑えるんですよね。

ドラマ全体を通して
非現実的な要素、こんなんあるかよ!感と、現実的ないるいる~感がほどよく入り混じってる感じがよいです。

移住したいと思いながら・・・

今日は、ちょっとした出会いがありました。

私は、福祉で新しい何かを作っていきたいなという想いがあります。
そんな作っていきたい想いを改めて感じることのできる
ちょっとした出会いでした。

そう思うと、大学院へ行って、本格的に研究したいなとか
前々から、大学院にはあこがれを持っていました。
何か、先進的な取り組みを挙げて、その結果をなにか形に残したいという意味で、大学院はとてもいいな~~と思っていました。

・・・・、3年で移住、、、できる?これ!!
と思ったり、、、大学院は特にどこの大学院がいいとかこだわりはないのですが
せっかく行くのだから、母校もしくは認知度のある大学院に行きたいと思うと・・・

東京を離れられない~~~~~~~~~~~~

という未来予想図を描いてしまい、ゾッとしました。

けど、まぁ、実際にはどうするかなんてその時になってみないことにはわからないことなので、いいんですけど。

 

大学院、行きたいな~

覚醒

私は、セーラームーンの大ファンなのですが
このセーラームーンというお話の中には、覚醒という言葉やシーンがよくあって
自分自身の使命を思い出す、過去の記憶を取り戻す

のような場面が多くみられるんですね。

これって、私は、普通の生活でも実体験として感じることができるなと思えたんです。

ずっと封じてきた想いになにかのきっかけで接触し、現実にもう一度その空間ないし、現象、人物に出会ったとき、言葉を交わしたとき

封じていた過去だったはずのそのあたたかく生々しい感覚がよみがえって、こんなこともあった、夏の暑い日に一緒に過ごした、仕事で通った道などの記憶が
ついまるで昨日のことのようにイメージが浮かぶ。

 

それも、何か、内臓とかおなかなど自分の体のほうから、その感覚が沸き起こる

これって、覚醒なんじゃないのかなって思います。

自分を取り戻す。

時間を取り戻す。

 

封じていた想いを解き放ち、その想いに自分自身が共鳴する。

 

これって、覚醒なんじゃないのかなって。

広告を非表示にする

社会福祉士の勉強

今週のお題「テスト」

 

今年に入ってから、国家試験の受験勉強を始めました。
福祉系の大学を卒業して、現役では不合格でした。その原因は勉強不足ただその一点です。社会人になってから1回だけ受けましたが、その時も全然勉強していなかったのでダメでした。

それが、もう10年前くらいですかね。学生時代ですから。

4年前に二度と福祉の道には戻らないと決めて退職したものの、またもや福祉の道に戻り。前の職場に実務経験証明書を依頼することになり、

ははは、何やってんだかと思う反面で

せっかくこの道に戻ってきたのだから、覚悟決めて勉強しなおして、資格を絶対に取る!という意気込みです。

独学ではペースの管理が難しいと思ったので、通信講座で学習しています。

本も揃えました。
暗記するだけの作業には特に、本の必要性は感じなかったのですが、毎日2時間勉強するには、何か材料がないとすることがなくなってしまうので。

f:id:Kiiko:20170702143916j:plain

全20巻をメルカリで約5,000円ほどで購入。本当にこのサービスはありがたいです。一冊2,000円くらいしますから。
最新でなくても構わないんです。ただ辞書代わりに使うだけでこれを暗記するわけでもないです。

これのおかげで、1日2時間が少しでも苦痛でなくなればいいと思っています。

でもやっぱり、ちょっと苦痛です。

 

けど、この苦痛を2年以上続けることはできません。
今年で絶対取得です。

ただ、正直資格を取ることにそんなに意味は感じていません。
ただ、将来的に運営側に回りたいと思ったときに、この資格があれば、いろんなものを兼務できる可能性が高いし、4年間現場から離れていた何かを取り戻せるような気がするから、勉強しています。

社会福祉の施設では、社会福祉士が必置ではなくともいたら便利な部分があります。

ただ、それだけのためなんですけど
ただ、それだけのために

あとやっぱり、移住したいという気持ちもあるので、移住先で何かやりたいと思ったときに、この資格は便利なのではないかなという気持ちです。

ホリエモン「本音で生きる」という本の中に、資格は意味ない自分のコアバリューを優先しろみたいなことが書いてあって、
たしかにやりたいと思ったときに、外部に発注出して現地で社会福祉士を探せばいいだけのことだと思うんですけどね。

でも、それはビジネスで実績積むのと同じくらいに福祉の世界にには資格に意味があることなんだと思います。
あ、でもこの勉強自体に深い意味はないと思ってます。

1ミクロも意味ないと思います。

所詮、知識の暗記だと思ってます。

でも、やると決めたからにはやるわけです。

広告を非表示にする

移住を考えてます。

去年、岐阜で働いたことがきっかけで、地方で暮らす方が楽しいかもと思い始めたんですよね。

それで、今年は東京に戻ってきて、やっぱ東京ではなくてどこかに行きたいと思っているんですが

そのどこかがなかなか決められなくて
とりあえず、東京で仕事が決まったのでしばらく仕事をしながら、その場所を探していこうと思っています。

移住をしたら、やりたいことっていうのが、今は正直なくて。
その辺もゆっくり明らかにしていきたいと思うんですけど

まぁ、移住そのものがやりたいことなんでしょうけど。

 

移住するために、東京で資格を取ろうと
社会福祉士と児童発達管理責任者を目指しています。

社会福祉士の受験資格は持っているので、勉強して試験を受けて合格すれば取得できます。

児童発達管理責任者は、要件を満たして研修を受けるとなれるようです。
こちらは、新しい職場で着々と手配してもらっているので、順調にいけば年内には取得できるのではないかと思ってます。

でも、移住するつもりがあるので、長く働く予定はないことをどういうタイミングで伝えるのかは、正直悩みます。

早くて1年、長くて3年で区切りをつけようと思っています。

新設の事業でまだ事業すらはじまってもないのですが・・・。

ただ、この経験が移住には活かせる!と謎の確信で意気込んでいます。

 

子どもの支援を生涯かけて仕事にしていこうとは思っていないので
本当に、なる早で切り上げて、
成人の分野で仕事ができたらいいなと思っていますし

正直、現場よりも運営の仕事がしてみたいと思っているので
これから、簿記なんかも勉強して、経営とか経理とかそっちの方面で活躍できればいいなと思っています。

そういう、勉強するという意味では、地方にいるよりも東京や都市部にいたほうがいろんな意味でアクセスが便利です。

この間、韓国語の趣味が高じて、ハングル検定を受けに行った時も、岐阜の山奥から名古屋とかに出るのは一苦労でも、
東京だったら電車で1時間くらいですし。会場も選択できます。

そういう意味で、とりあえず今は、この東京で勉強して、っていうか実家なので実家に甘えさせてもらって

何か、タイミングがあったら移住したいなと思ってます。