どこかで

どこかでだれかに そのひとり

社会福祉士の勉強

今週のお題「テスト」

 

今年に入ってから、国家試験の受験勉強を始めました。
福祉系の大学を卒業して、現役では不合格でした。その原因は勉強不足ただその一点です。社会人になってから1回だけ受けましたが、その時も全然勉強していなかったのでダメでした。

それが、もう10年前くらいですかね。学生時代ですから。

4年前に二度と福祉の道には戻らないと決めて退職したものの、またもや福祉の道に戻り。前の職場に実務経験証明書を依頼することになり、

ははは、何やってんだかと思う反面で

せっかくこの道に戻ってきたのだから、覚悟決めて勉強しなおして、資格を絶対に取る!という意気込みです。

独学ではペースの管理が難しいと思ったので、通信講座で学習しています。

本も揃えました。
暗記するだけの作業には特に、本の必要性は感じなかったのですが、毎日2時間勉強するには、何か材料がないとすることがなくなってしまうので。

f:id:Kiiko:20170702143916j:plain

全20巻をメルカリで約5,000円ほどで購入。本当にこのサービスはありがたいです。一冊2,000円くらいしますから。
最新でなくても構わないんです。ただ辞書代わりに使うだけでこれを暗記するわけでもないです。

これのおかげで、1日2時間が少しでも苦痛でなくなればいいと思っています。

でもやっぱり、ちょっと苦痛です。

 

けど、この苦痛を2年以上続けることはできません。
今年で絶対取得です。

ただ、正直資格を取ることにそんなに意味は感じていません。
ただ、将来的に運営側に回りたいと思ったときに、この資格があれば、いろんなものを兼務できる可能性が高いし、4年間現場から離れていた何かを取り戻せるような気がするから、勉強しています。

社会福祉の施設では、社会福祉士が必置ではなくともいたら便利な部分があります。

ただ、それだけのためなんですけど
ただ、それだけのために

あとやっぱり、移住したいという気持ちもあるので、移住先で何かやりたいと思ったときに、この資格は便利なのではないかなという気持ちです。

ホリエモン「本音で生きる」という本の中に、資格は意味ない自分のコアバリューを優先しろみたいなことが書いてあって、
たしかにやりたいと思ったときに、外部に発注出して現地で社会福祉士を探せばいいだけのことだと思うんですけどね。

でも、それはビジネスで実績積むのと同じくらいに福祉の世界にには資格に意味があることなんだと思います。
あ、でもこの勉強自体に深い意味はないと思ってます。

1ミクロも意味ないと思います。

所詮、知識の暗記だと思ってます。

でも、やると決めたからにはやるわけです。